螺鈿文箱

今月末からいよいよ正倉院展が

始まります。


寧楽の地で

天平より今日まで

受け継がれた螺鈿漆芸。

所謂、奈良漆器です。


以前は硯箱が主流でしたが、

今はレターボックス。


封筒や一筆箋など

思い思いの物をお入れ下さい。


蓋は宝相華紋の螺鈿。

周りは根来仕上げ、

小西寧子さんの

美しく素晴らしい作品です。